ご挨拶

代表取締役社長 見原 宏(下関唐戸魚市場社長兼任)

ハートフーズ21は、日本一のフグの集積港である南風泊(はえどまり)港のすぐそばにある、下関唐戸魚市場が経営する水産加工メーカーです。鮮度の高い原料を使用した水産加工品を提供することができるため、お客様から喜ばれています。
また、中小企業特有の柔軟性を持ちながら、大手企業並みの設備がある点もお客様から支持されています。
水産加工業としては全国的にも希少な「ハイブリッドスーパーヒーター」を所有していることも理由の一つでしょう。
魚介をふっくらと焼き上げることができるこの機械はオペレーションが難しく、本当においしい食品を提供できるようになるまでに6~7年の試行錯誤が必要です。そんな“気難しい”機械を操る高い技術を持った弊社スタッフが、お客様の難しいご要望にもお応えします。
そして、取引先のお客様からよくいただくのは、「御社は競争力がある」というお言葉です。
なぜなら、お客様からいただいたご要望を形にするまで、私たちは簡単にはあきらめないからです。

私たちは更なる発展を目指します

2003年に創立した若い会社でありながら、2008年のリーマンショックの不景気を乗り越え、
利益体質の企業に成長できたのは、こうした姿勢が実を結んだからだと考えています。
苦楽を共にしたこのメンバーで、私たちは更なる発展を目指します。
私たちが扱うのは、安心・安全が絶対条件の食品です。
常に厳しい目で評価されていることを忘れずに、お客様の不安には迅速に対応することを心掛けています。
クレームが発生した際、求められた資料をすぐに提出し、速やかに原因の特定ができる体制を確立しています。
そして、包み隠さず真摯に対応するのが私たちのモットー。
危機管理対策は、中小企業以上のレベルにあるという自負があります。

まだ歩みを始めたばかりの若い会社ですが、私たちの挑み続ける姿勢はどこにも負けません。
今後ともご指導のほど賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る